生産技術エンジニア

モノづくり現場で生産技術の経験を活かしつつ、将来的に工場のスマートファクトリー化を推進する次世代エンジニアを目指していただきます。

生産技術エンジニアとは

製品が完成するまでの一連の流れを担う生産ラインを設計し、生産工程全体を管理するエンジニアです。

作業範囲は幅広く、生産設備の監視をしたり作業工程の問題を見つけ、工場全体の設備をどのように改善し、新しい技術を開発していくかなどの計画を立てることもあります。新しい生産ラインの設計をしたら使用する設備を導入し、稼働テストも行いながら、常にすべての生産ラインの改良点を見つけ、対応していきます。

仕事内容

自動車メーカーにて自動車コックピット製品における最終組み立てライン、検査ラインの工程設計及び治具設計

  • 製品生産に向けて工程フローの検討から設備の導入
  • 治具の仕様検討
  • 新規ラインやリピートラインの立ち上げ
  • 既存ラインの改造や機能追加

半導体部品生産に向けた新規ラインの立ち上げ

  • 製品の仕様確認、性能を出す為のライン設計
  • 生産ラインの設備の検討、発注・導入
  • 既存ラインの歩留まり改善
  • 設計部隊と共同で開発を行い、生産技術者の目線で設計検討、意見出しやCATIAを使った図面変更など
  • DX化に向けた取り組み

測量機器製品及び医療機器製品の工程設計

  • 工程設計、設備設計・製作、治工具設計・製作、修理工具設計・製作、新規製品の生産準備
  • 品質・生産性・サービス性の向上や原価の低減を目的とした既存製品の設計
  • 新規製品の生産準備管理プロセス及び既存製品の設計変更管理プロセスの改善

容器製造メーカーでの生産技術

  • 生産工程の改善、装置のオペレート、新商品の開発、工場のDX化
  • 生産体制構築や、将来のスマート工場化

建材業界での製造工程改善に向けた生産技術

  • 自動化に向けた製造ライン設計、設備仕様検討、導入支援業務
  • 商品開発者と協働で商品仕様の検討
  • 自動化生産に向けた改良検討
  • 全国の各工場担当者との連携と新体制の推進

活かせる経験

活かせる経験
  • 生産技術としての業務経験
  • 製造の生産ラインの改善・新規立ち上げ経験
関連資格
  • 生産技術者マネジメント検定
  • 機械保全技能検定

募集要項はこちら